記事リスト

仕事で武器になる英会話力

女の子

小さい頃からの触れる利点

日本では英語に対する需要が、年々高まっています。東京で2020年に開催されるオリンピックや日本にやってくる外国人観光客の増加などの影響に加えて、企業での会議を英語で行っている所も増えていて英語に触れる機会はこれからも増えていくことが予想されています。現在小学校での英語教育の必修など、小さい頃からの英語教育も実施されています。赤ちゃんが言葉を覚えるのは、日頃から周りの大人達が話す日本語に触れているからです。小学生のまだ柔軟に言葉を覚えやすい時期から、英語に触れることでスムーズに英語を身につけることが出来ます。この小学生の英語授業の導入には、一部反対する声もあります。日本語をしっかりと見に付けた上での授業をという声ですが、お隣の韓国では小学生からの授業必修化を導入して英語力が大幅に向上したというデータがあります。また母国語習得の悪い影響もデータによって無かったことが証明されていて、小学生からの教育の早期化は日本でもこれから進んでいくものと見られています。日本人は一般的に読みや書きが完璧でも、自分の気持ちを表すコミュニケーション能力が低いといわれています。子供の内からコミュニケーション能力を鍛えることで、英会話力を鍛えることが可能です。これからますます需要が増す英語を小さい頃に身につけておくことは就職活動でのアピールや、仕事をする上で大きな武器となり新しいチャンスを得るきっかけとなります。

Copyright© 2017 英会話の体験申し込み【簡単に手続きができちゃう】 All Rights Reserved.