記事リスト

英会話力を上げるには

先生と生徒

聞くこと話すことも大切

グローバル社会の影響や諸外国との英語力を比較してか、子供が小さなうちから英語を学ばせる家庭も増え始めました。また国としても日本人の英語力を上げるために、小学生の低学年から英語を授業に組み込むようになりました。このような背景から英会話教室や塾に通う小学生も多くなり、需要が高まってきていると言えます。小学生のうちから英語を学ぶと、学校の授業はもちろん将来の人生における選択肢が増えると言えます。もっと英語力を上げるために留学を選ぶ方もいらっしゃると思いますし、海外勤務を希望される方もいらっしゃるかもしれません。英語を習得し英会話が上達するには、なるべく幼いうちから学ぶことが望まれますが、小学生からでも全く遅くはないと言えるでしょう。では実際どのような方法で学ぶと良いと言えるのでしょうか。もちろん基本的なアルファベットや単語のスペルの暗記、長文の読解、挨拶や簡単な会話の仕方を学ぶことも大切です。しかし、ただ単に書いて読んで覚えるだけでは、いざ外国人と会話をしようとしてもスムーズに話すことができません。そうならないためには、聞いて実際に口に出して話すという行為が最も大切だと言えます。小学生の脳は大人に比べてかなり柔軟性があるので、ネイティブの発音で会話を聞き、それに対して受け答えをすることで、かなり身に付くと言えます。もちろん受け答えは単語だけでも構いません。相手に何とか通じるよう努力をする姿勢が大切なので、文法など間違っていても構いません。小学生のうちから完璧に話せるようにならなくても、言いたいことが伝わったという自信をつけさせれば必ず上達します。進学塾や学習塾で英語を学ぶ場合、単語や文法の力はつくと思いますが、ヒヤリングの力をつけさせたい場合は英会話スクールや英語教室に行くことをおすすめします。後者の場合ゲーム感覚で学べる場所も多く、楽しく英語力をつけることができると言えます。

Copyright© 2017 英会話の体験申し込み【簡単に手続きができちゃう】 All Rights Reserved.